交通事故・むち打ち治療

当院は、交通事故治療を得意としています。
事故に遭っても、痛みが大きくないという理由で、すぐに病院や整骨院に行かない方がいらっしゃいますが、これはとても危険なことです。
何故なら、事故による身体への衝撃は想像以上に大きく、事故による症状が事故直後に出てくるとは限らないからです。「首や背中の痛み」「痺れ」「倦怠感」「眩暈」「各関節を動かした時の痛み」「じっとしていても痛い」などの症状が、事故後1週間以上経ってから現れるケースもあるので、人によっては事故と症状を結びつけて考えない方もいらっしゃいます。

また、一般的に、交通事故の治療は自賠責保険を使って治療することができますが、事故後、速やかに医療機関で診断を受けておかないと、事故と症状の因果関係が証明されず、自賠責保険を使った治療ができなくなることもあります。
交通事故に遭ってしまったら、速やかに医療機関で受診することをお勧めいたします。

また、交通事故のケガでは、いつまで続くかわからない「痛み」「倦怠感」「痺れ」といった症状をかかえ、多く方が身体だけでなく精神的にも「不安」などの負担を感じます。そうなると、普通の精神状態の時よりも、痛みや症状を強く感じる場合があります。
当院では、交通事故に遭われた患者様の痛みや症状の早期回復だけでなく、不安や疑問に答え、保険会社担当者さんとの交渉など、トータルに患者様をバックアップいたします。

施術では、初期の急性症状においては過度な刺激を控え、炎症を抑えていきます。
身体のようすを確認しながら、手技が有効になってくる段階では、身体の負担とならないように適度な施術を心がけます。
交通事故での治療は、基本的に自賠責保険でまかなわれるので、窓口負担や診断料の治療費負担は原則ありません。
交通事故でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

むち打ち症について

「むち打ち症」とは正式な病名ではなく、交通事故やスポーツの衝撃により、首に過度な力が加わることで発生する怪我の総称です。
実際の病院の検査では、負傷状態や症状によりいくつかの診断が下されます。

・頸椎捻挫型
・バレー・リュー症候群
・神経根症状型
・脊髄症状型
・脳脊髄液減少症

このうち、頸椎捻挫型以外は症状も重く、神経内科や脊髄外来、脳神経外科の診断が必要な場合もあります。
ただ、交通事故において、最も多いのが頸椎捻挫型で、「首や肩の痛」み以外にも「寝違えたような首の痛み」「肩周辺の硬結や重さ」「眩暈」「吐き気」「上肢・下肢の痺れ」「倦怠感」などの症状がみられます。
レントゲンやMRIで撮影しても、頸椎に異常が見つかる可能性は非常に低く、椎間板や靭帯の損傷が原因で症状が出ると考えられています。
頸椎捻挫型の特徴として、炎症反応が収まったとしても痛みが続くケースが非常に多いという事があります。明確な理由はまだ解明されていませんが、脳の神経回路(側坐核)に痛みが記録されてしまっているのではないかという説もあります。

当院で行うむち打ち症の治療について

当院では、交通事故に遭われた方の多くが「むち打ち症(頸椎捻挫型)」を患ってらっしゃる事実に対し、効果的な物療・施術で対応いたします。
交通事故に遭われた初期の段階では、頸椎周辺に炎症反応が強く出ている場合がありますので、ネオテクトロンを急性症状軽減の周波数で流し、治療効果が長時間持続するようにします。
さらに、「強い痛み」「炎症による腫れや熱感」が激しい場合にはアイシング(冷却療法)と干渉波・高周波などの電気療法をコンビネーションでおこなうことにより、除痛、抗炎症作用を最大限に高めていきます。
ある程度、炎症反応が収まってきたら、手技による施術も加え、痛みによって崩れていたバランス調節をおこないます。
頸椎捻挫とは足首などの捻挫(ネンザ)と同じように、頸椎(首)が可動域以上に無理やり動かされた結果、筋肉や筋が負傷した状態をいいます。
ですから、関節の噛み合わせ自体が、本来の位置関係から微妙にずれていている可能性があります。これらのズレは、レントゲンやMRIではなかなかわかりませんが、頸椎周辺には神経が集まっているので、少しのズレでも患者様には違和感があります。
当院は早期回復に向けて努力しますが、後々、後遺症を残さないためにも、焦って中途半端な回復をはかるより、しっかり着実に回復させる方が、患者様のお身体にとって大切だと考えています。
一緒に力を合わせて、健康を取り戻していきましょう。

交通事故・むち打ち治療の流れ

  • 1.まずは当院へ
    ご連絡ください
    まずは、当院へご連絡ください。病院や整形外科へ行かれる前でも結構です。(当院は病院と提携しております)
  • 2.当院へ
    当院へご来院ください。
  • 3.受付
    受付で問診表をお渡しいたしますので、ご記入の上受付にお渡し下さい。
  • 4.カウンセリング
    現在のお体の状況について、詳しくお話をお伺いします。また、施術への不安やご希望があれば伺います。
  • 5.検査
    可動域のテストや検査を行い、痛みの原因や状態を探ります。
  • 6.施術
    お一人お一人の症状や状態に合わせた施術を行っていきます。
  • 7.施術方針の説明
    現在の状態を説明、今後の施術内容の計画を提案をさせて頂きます。 むち打ち症の施術期間は3〜6ヶ月です。症状が完治するまで出来る限り来院されることをおすすめします。
  • 8.終了です!
    自賠責保険が適用されると費用は発生いたしません。

浦和市 みんなの森®鍼灸整骨院 浦和院 へのお問い合わせ

お電話でのご予約はこちら!

受付時間

治療院データ

住所:〒330-0043 埼玉県さいたま市浦和区大東3-1-3
アクセス:北宿通り沿い 東瀬ケ崎バス停より徒歩0分
駐車場:3台有

twitter・大事なお知らせ